菅原洋一

1966年生まれ
浜松工業高校情報技術科卒業
安藤電気株式会社 試験業務に従事
株式会社アローセブンにて組み込み開発に従事。
 無線LANが確立する前の時代に微弱無線や特定小電力の無線モジュールを用いて無線ネットワークを開発。

2005年10月個人事業としてビーコン設立 電子回路設計・電子制御機器開発・組み込み開発、ファームウェア開発に携わる。

2018年3月 西東京市に移転

2019年5月 令和デバイス株式会社 設立

◆代表からひと言

 父の影響か子供の時からはんだごてを使って電子工作をしていました。中学、高校時代はPCの黎明期。AppleII や PC88、FM-8/7など次々に現れるコンピュータに胸おどり、夢中でキーボードをたたいていました。 高校で電気やコンピュータの基礎を学び、興味のまにまに生きてきて、電気や基板を仕事とするようになりました。私たちが作った装置や電子基板がお客様や、その先の現場で動き、お役に立っていること、それに勝る喜びはありません。
 わたくしがお仕事の打診をいただくとき、「自分が本当にそのお仕事で役に立てるのか」「お客様のビジネスに貢献できるのか」と常に自問します。電子基板の設計製作の枠を超え、お客様と一緒に未来を切り開くパートナーとして、歩んでいきたいと思います。
 まずはじっくりとお話しをお聞かせください。よりよい社会を作るパートナーとしてお客様と同じ方向を向いて、歩調を合わせて進んでいきたいと考えております。